医療系でも、歯科は別扱い

歯科系の医療資格について

医療系でも、歯科は別扱い 歯科系の医療資格について、その種類や資格試験の概要、仕事内容などを交えながら説明いたします。医療資格の中でも歯科に関する資格は歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手などがあり、主に法人や個人の歯科クリニックなどを仕事の場としています。歯科医師は代表的な歯科に関する医療従事者であり、歯の治療から検診、虫歯の治療や詰め物、さし歯やインプラントなどの設置、最近では歯の美容に関する治療などがメインの仕事内容になります。歯科衛生士は国家資格であり、歯科医師の治療をサポートしたり、虫歯の予防処置や歯の健康を保つための保健指導などを行える専門スタッフになります。歯科助手との違いに関しては、歯科助手は診療行為のサポートが出来ないことに対し、歯科衛生士は診療行為が行えることが大きな違いとなります。

その他にも歯科技工士という国家資格者も歯科医院などを支える重要なスタッフとなっています。歯科医師からのオーダーによって、患者の歯に代わる義歯である補綴物を作成することが主な仕事内容になります。義歯や虫歯の部分に施す詰め物や矯正器具の作成や修理などにも従事するため高い精度と技術が求められる重要な仕事となります。

オススメのサイト



Copyright(c) 2022 医療系でも、歯科は別扱い All Rights Reserved.