医療系でも、歯科は別扱い

私が定期的に歯科医院に行く理由

医療系でも、歯科は別扱い 私は、定期的に歯科医院に行っています。虫歯の治療にも行きますが、それ以外でも行きます。虫歯ができていないかチェックしてもらい、歯石を取ってもらうのです。歯石というのは、歯垢が固まったものです。歯石は歯ブラシで取ることはできません。歯石を取る道具も売っていますが、自分で取るのは非常に難しいのです。自分では絶対に取れない部分もあるので、歯科医院で取ってもらった方がいいです。歯石をそのままにしておくと虫歯になってしまいます。歯石を取ってもらうのは、まったく痛くありません。虫歯ができて治療することを考えたら、少し面倒でも歯科医院に行って取ってもらった方がいいのです。

歯科医院でやってもらうことは、他には歯槽膿漏のチェックです。たとえ歯が大丈夫でも、歯茎が駄目になってしまうと歯が抜けてしまいます。歯茎から血が出ているようだと歯槽膿漏です。軽度の歯槽膿漏なら、歯ブラシのマッサージですぐに治ります。歯槽膿漏というのは若いからならないというものではありません。自覚症状がないので気づいていないのです。気づかないうちに進行してしまうので、早目に歯科医院でチェックしてもらった方がいいです。私も歯槽膿漏になっていましたが、歯ブラシ指導をしてもらったおかげで治りました。感謝しています。

オススメのサイト



Copyright(c) 2022 医療系でも、歯科は別扱い All Rights Reserved.