医療系でも、歯科は別扱い

医療系でも、歯科は別扱い

医療系でも、歯科は別扱い 歯科とは、「歯を削って詰め物等をする」ということとなっています。つまり、歯を抜いたり、虫歯を削り取って義歯等を入れる作業をする、いわば大工的な要素が強いということです。歯の治療についてですが、職人的な仕事であるとされています。虫歯の治療というのは、治すのではなくて抜くこととなっており、医療には不向きとしても構わないというわけです。

歯科についてですが、口腔内を洗浄する液体等については医薬部外品となっています。また、虫歯を抜く際には、麻酔を使用することになり薬等の知識が必要となります。歯学部では、解剖学や病理学、それに薬理学や衛生学を学ぶことになります。メスを使用する際は、これらの学術的な知識を必要とするために、歯科は広義では医療系となっているのです。衛生学ということであれば、これは医学系とは密接に関係することになります。また、医学系となっているものの、歯科については歯に関する知識を学ぶことが求められるのであり、厳密には医学部とは切り離されることになります。

医療現場において、医師の助手の仕事をする場合、看護士であれば看護士免許が必要となります。准看護士の場合は、医師の補佐としての看護士ではないので手術の場においての助手となることはありません。また、歯科医師の助手の仕事ですが、無資格者であっても可能とされています。また、歯科助手の資格ですが、民間資格とされています。業界団体が推奨するものであって、取得をすると給与面がアップされることがあるそうです。

オススメのサイト



Copyright(c) 2022 医療系でも、歯科は別扱い All Rights Reserved.